Celestron Advanced GT赤道儀用通信ケーブル

(2008/3/31)

MeadeのDSIやLPIに同梱されているLX200用通信ケーブルがCelestron Advanced GT赤道儀の通信ケーブルとして使えないか調べてみました。

Celestron Advanced GT赤道儀とPCの通信はRS232C(シリアルポート)を使って行われます。これはMeadeのLX200と同じです。

通信ケーブルの形状も全く同じです。PC側はD-SUB9ピンコネクター、望遠鏡側は4-4 telephone modular jackです。

通信のコマンドが違っていますので、Advanced GT赤道儀をサポートしているソフトウエアが必要です。 今回は「SUPER STAR IV、Navigation Edition、お試し版」http://www.now21.com/superstar/index.htmを使いました。

結果は「動きません」でした。

ピンアサインが違います。配線を変えれば使えます。まず、下のように電話線を切断します。

次に

PC側の黄色を望遠鏡側の黄色
PC側の緑色を望遠鏡側の黒色
PC側の黒色を望遠鏡側の赤色

といった具合に半田で接続します。

半田付けした箇所は接触しないようにセロテープで絶縁します。

接続部分は弱くなっていますので、セロテープを何重にも巻いて補強します。改造によって電話線の端子はPC用と望遠鏡用になっていますので間違えないようにD-SUBコネクタにさします。

これで、PCからGT赤道儀が動かせるようになりました。


ホームへ戻ります
inserted by FC2 system